彼氏が婚約指輪を選ぶことのデメリット

自分で選びたい女性は多い

彼氏が婚約指輪を選んでくれて、指輪のケースを開けてプロポーズしてくれると、全ての女性が希望しているわけではありません。もちろん、彼氏が選んでくれたことに満足する人もたくさんいますが、女性のタイプによっては一緒に選びたかったのに勝手に選んできたと、憤りを感じる人も少なくないため、注意してください。
せっかくの婚約指輪だから、あこがれていたブランドやデザインの指輪にしたいと考えている女性は多く、プレゼントをするよりも一緒に選びに行こうというタイプに好感を覚える人もいます。
サプライズでパートナーに喜んでもらいたいと思う男性は多いですが、プレゼントした指輪のデザインやブランド、値段が気に入らないとけんかや破談となることも少なくありません。パートナーがサプライズ好きか、喜んでくれるプレゼントはどんなものか、あらかじめリサーチしてから買いましょう。

指のサイズに合わない指輪を贈られる

彼氏が婚約指輪を選ぶデメリットのひとつとして、彼女の指輪のサイズと会わないものを贈られる可能性があります。贈られた指輪のサイズがゆるゆるであれば、まだお直しして身につけることもできますが、きつすぎて指にはめることもできない場合は、お直しして身につけられるかどうか、宝石店に相談しなければなりません。
女性の指のサイズは千差万別で、パートナーが思っているよりも骨格がしっかりしている人や、指は細いけれど関節がしっかりしているタイプなどがあります。一見きれいな指に見えても、全ての女性の指のサイズが同じだとは限りません。どうしてもサプライズでプレゼントしたいなら、あらかじめ指輪のサイズを確認しておくことです。

西日本最大の都市、大阪。その大都市なら品ぞろえがたくさんあります。婚約指輪もそうです。婚約指輪を大阪で購入しませんか